生理中のヘアーカラーは控えましょう。

LINEで送る
[`yahoo` not found]


生理中は、体のエネルギーが生理に少し多く使われる為、免疫が下がる?!

カブレ2一般的に生理中は、体温があがるのもその為です。

生理中に関わらず、女性の婦人科にも毛染めの有害成分は悪影響を与える可能性がある為に、産婦人科医からも、妊娠中も含め毛染め(ヘアーカラー)はお勧めしないはずです。

生理中や妊娠中は、ヘアーカラーをしない事が賢明です。

❖どうしても、染めたい

殆どのヘアーカラーは危険ですが、高い確率で安全に染める事が出来る技術は存在します。

生理中や妊娠中の女性は、安全に染める技術に取り組むサロンのカウンセリングを受けて染める事で、危険な毛染めであっても、安心して染めることが出来ます。

❖安全なヘアーカラー技術のお奨め

IMG_6562カラーグレス技術は、今まで危険と言われるアルカリカラー(酸化染毛剤)のダメージ成分を100%中和し、有害成分を98%ブロックする事で、安全性の高いヘアーカラーを実現します。

しっかり染まり、カラーバリエーションも豊富なので、おしゃれにも白髪染めにも適しています。

❖トリートメントのいらない髪になる

そもそも髪の傷みは、毛染めやパーマなどで傷むからトリートメントが必要になりますが、カラーグレスで染めると髪が傷まないので、続けることで、トリートメントのいらない髪になります。

❖ご相談からどうぞ

初めてのサロンは、不安がいっぱいです。

少しでも不安を無くすために、ご納得してからの利用をお薦め致します。

お気軽にお電話ください。

➤ Tel: 048-222-7532